介護職員初任者研修,資格

介護職員初任者研修の資格

介護職員初任者研修の資格を取る方法

介護職員初任者研修とは

介護職員初任者研修は、旧ホームヘルパー2級と同等の、介護に関しての知識や技術を有していることを証明する資格です。
これを取得するためには、自治体や介護施設、また民間の教育会社などが行っている研修を受け、所定のカリキュラムを修了する必要があります。
それから更に、修了試験を受験し、県が指定している点数を獲得することができれば合格となり、修了証を受け取ることができます。カリキュラムは全部で130時間です。
介護に関する基本的な知識や、実務に際しての技術などを座学や演習で学びます。
通信教育で学習することも可能ですが、技術面に関してはスクーリング、つまり通信教育を行っている学校などに出向いて、実際の手順などを学習し、講師などにその理解度を確認してもらうことが必要です。
介護職員初任者研修は、介護職の入り口的な位置づけがなされています。
慢性的に人手不足が続いている介護現場においては、特に資格がなくても仕事に就くことは可能です。
しかし、この介護職員初任者研修の資格を持っていると、資格手当がつく場合がほとんどです。
また、この資格を有している状態で、所定の年数及び日数、介護現場での実務経験を重ねることで、国家資格である介護福祉士の受験資格を得ることが可能となります。
ですから、ステップアップを目指すためにも、介護の現場で働くのであれば、是非とも持っておきたい資格と言えます。

ホームヘルパー2級から介護職員初任者研修へ

2013年の4月からホームヘルパー2級の資格は介護職員初任者研修という名称へと変更されました。
今回の名称変更の理由について、管轄官庁である厚生労働省は、来るべき超高齢化社会に備えて、介護業界のキャリアパスを現在よりもわかりやすいものに変えることによって介護職員が介護の仕事をし続ける事ができる見通しを持てるようにするためである、と述べています。
これまでは、介護に従事する人が上位資格を取得してキャリアアップを目指そうする場合、ホームヘルパー2級、ホームヘルパー1級修了者、介護職員基礎研修修了者、など様々な経路があり、なおかつ、それぞれの学習範囲が重複するなど非常に複雑で非効率的でした。
この問題に対し、今回の変更では、介護職員初任者研修から実務者研修へ、実務者研修から介護福祉士へ、介護福祉士から認定介護福祉士(仮称)へ、といった具合にステップアップの仕方が一通りに整理されました。
これにより、介護業界で働く人たちの目指すべき方向が分かりやすく簡潔になりました。
ちなみに、2013年の4月までにホームヘルパー2級の資格を取得している人は4月以降は介護職員初任者研修修了者として介護の仕事に従事することができます。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
介護関連の資格といってもいろいろありますがこちらのサイトでは介護事務資格について紹介しています。